Event is FINISHED

第3回 文化財方法論研究会 ー文化財の記録を少し先へー

Description

【趣旨】文化財の記録を少し先へ


 本研究会は、2度にわたるワークショップ・研究発表会を三次元計測を主題としておこなってまいりました。新たな研究の基礎となる身近な研究手法について、多様な発想や実践を通じた成果を発表頂き、また多くの参加者と交流することができました。不十分ながら導入が現実的に可能な方法の共有をすすめる事ができたと感謝しております。今後もこのような催しや会誌を含め、文化財の研究や保護、活用に資する新たな試みのための実験の場として利用していければ、と考えています。

 今回は、更に発展させて、本来の目的である、立場を異にする多くの人が利用可能な方法を中心とした様々な技術や方法の共有を主な目的としました。応募いただいた発表課題は主に文化財の情報に関係するものとなりました。発表を機会に、文化財の記録の収集と活用の少し先を考えてみたいと思います。今後も、文化財の調査や整理作業における便利な道具から新たな研究手法まで、多様な方法について取り上げていきたいと思います。

【ワークショップの概要】

・ワークショップの構成 研究会とハンズオン

今回のワークショップは、以下の構成です。
情報の蓄積と共有のための研究会の部と、実際に作業して技術を共有するハンズオンの部を設けました。
研究会(発表と質疑応答形式による文化財の調査研究方法の情報蓄積と共有)
・ハンズオン(担当講師が手順を詳細に解説しながら、各自が手を動かして体験)


【研究会の概要】情報の取得から利活用まで、実際に利用できる情報の蓄積と共有を

文化財を保護し、研究し、活用するために役立つ技術がどんどん身近になってきています。これを使わない手はありません。しかし、その存在や利用の実際を個別に調べ、試していくことは大変です。また、既に様々な実践がおこなわれている中で、もしかすると生み出されたその方法が他の課題に直面している人の解決策になるかもしれません。このような情報を共有し、議論を通じて洗練させていくことで、私達が日々対峙している文化財をめぐる問題を解決していくことができるかもしれません。つまらないこと、簡単なこと、当たり前のこと、が人によっては斬新かもしれない、試みてきたこと、定着したこと、それを共有し、方法の「道具箱」の中を充実させることで、よりよい文化財の保護や研究を進めることができるのではないか、と思っています。

2日目の「みんなでQ&Aコーナー」では、皆さまが文化財情報の収集と活用を進める上で疑問に思っていること、解決したいと悩んでいる課題などについて、実際に会場で一緒に考え、解決していきたいと考えています。すでに疑問や課題を抱えている方は、ぜひ申し込みフォームのアンケート欄にご記入ください。もちろん、当日の質問も大歓迎です。

*研究会・情報交換会は、お子さまをお連れの方もご参加いただけます。研究会では「子連れ優先座席」を用意いたしますのでご利用ください。ただし、騒ぎ声など会の進行を妨げる場合等には、親子ともに一時的に退席いただき、落ち着かれてからお戻りいただく場合もありますので、あらかじめご了承ください。


・【ハンズオンの概要】必要としている人に方法を

(※今回は2会場で同時開催します。申し込む場合、同時開催のハンズオンに登録しないようにご注意ください!)
最近、三次元計測など技術の話をよく聞くけれど、実際には良くわからない、やってみたいけれど、機会がない、そういう方も多いかと思います。自分で体感することで、技術への理解が進むことも多いでしょう。是非ハンズオンにご参加いただき、体験してください。たとえば実際にSfM-MVSを体験していただくため、平城宮跡の復元遺構や考古資料を題材に、お持ちいただいたデジタルカメラとコンピューターで解析し、三次元モデルを作成することができます。他にも魅力的な内容のハンズオンを御用意しております。


【プログラム】

11月23日(金・祝日
13:00 受付開始(奈良文化財研究所 本庁舎1階)

13:30-16:00 ハンズオンの部(※今回は2会場で同時開催します。申し込む場合、同時開催のハンズオンに登録しないようにご注意ください!)

【第1会場】
ハンズオンNo.1

タイトル:文化財の三次元計測(初級編)

内容:三次元計測は、簡便な機材で可能になりつつあります。今回は代表的な三次元計測ソフトウェアであるAgisoft Photoscanとデジタルカメラ、コンピューターを使って文化財の三次元モデルを作成し、基礎的な三次元情報の取得について手を動かしながら解説をおこないます。

担当講師:金田明大


【第2会場】
ハンズオンNo.2

タイトル:文化財の三次元計測(中級編)

内容:遺構の三次元モデルに位置情報を加え、作図する。

担当講師:山口欧志


11月24日(土)

9:00 受付開始(奈良文化財研究所 本庁舎1階)
9:30-11:45 
ハンズオンの部(※今回は2会場で同時開催します。申し込む場合、同時開催のハンズオンに登録しないようにご注意ください!)


第1ピリオド(9:30-10:30)

【第1会場】
ハンズオンNo.3
タイトル:遺物モデルのスケーリングとマージ
担当講師:中村亜希子
※Photoscan Proを使用予定です。


【第2会場】
ハンズオンNo.4
タイトル:SfMのための遺構写真
担当講師:三井猛


第2ピリオド(10:45-11:45)
【第1会場】ハンズオンNo.005

タイトル:3D データから考古資料の形態情報を取り出す

担当講師:野口淳

【第2会場】
ハンズオンNo.6

タイトル:SketchFabによるデータの公開とAR/VRの実践

担当講師:永見秀徳


13:00-18:00 研究発表の部

13:00-13:10 開会あいさつ 金田明大


13:10-13:40 発表① 永惠裕和「Googlemapとスマホ、QGISを用いた平地城館の検討

13:40-14:10 発表② 堀木真美子「発掘調査データの整理と公開システム」

14:10-14:40 発表③ 高田祐一・永島幹大「考古学ビックデータの可視化技術とアクセス性向上の実践例-機械学習による画像認識と統計的自然言語処理技術を用いて」

14:40-15:00 休憩


15:00-15:30 発表④ 山口欧志「文化財情報の収集と可視化」

15:30-16:00 発表⑤ 野口淳「石器の三次元計測と三次元形態研究2」

16:00-16:30 発表⑥ 仲林篤史「市の史跡整備に伴う三次元データの活用事例」

16:30-17:00 発表⑦ 高田祐一「廉価型水中ソナーとSfM-MVSによる大坂城石垣石材の海中残石分布調査」


17:30-18:00 みんなでQ&Aコーナー


18:00-18:45 ショートタイムプレゼンテーション(各5分)

 LT①野口淳「土器の形態・軸・容積を測ってみよう:実測図と三次元計測の比較」

 LT②福田雄「ArtecEvaで文化財のスキャン」

 LT③永見秀徳「相互扶助組織としての九州文化財計測支援集団」

 LT④永見「現地説明会のカッコイイ前説」

 LT⑤梅田由子「線刻壁画の3次元計測―3DレーザースキャナとSfMの成果の 比較―」

 LT⑥金田明大・山口欧志「点群はどれだけ必要?ー海外の例を参考に」
 LT⑦石松直「被災古墳における復旧作業としてのSfM‐MVS」
 LT⑧石松智子「民具の三次元計測」
 LT⑨野口淳・金田明大・清野陽一「考古学とみんなでつくるオープンな取り組み」

18:45-  情報交換会

11月25日(日)
9:00 受付開始(奈良文化財研究所 本庁舎1階)
09:30-11:50 研究発表の部


09:30-10:00 発表⑧ 金田明大「土器口縁径の計測の効率化に向けた試行」

10:00-10:30 発表⑨ 中村亜希子「瓦当紋様の三次元計測データを用いた研究法」

10:30-10:40 休憩

10:40-11:10 発表⑩ 永見秀徳「土器の種子圧痕同定におけるSfM/MVSの有用性」

11:10-11:40 発表⑪ 三井猛「トータルステーションとSfM/ MVSによる仏教岩窟遺構の3次元計測と記録」

11:40-11:50 三井猛 閉会挨拶



--------------
関連行事

13:00-満足する(諦める)まで 特別ワークショップ:文化財の沼
         「文化財用SfM-MVSのための写真の撮り方」
         「廉価版GNSS測量と廉価版レーザースキャナー」
--------------

【ハンズオンの詳細】

ハンズオンNo.1
日時:11月23日(金)13:30-16:00(途中30分の休憩をはさむ)
チケット代:1,000円(資料代込み)
タイトル:SfM/MVSを用いた文化財の三次元計測(初級編)
内容:Agisoft Photoscanを使って文化財の三次元モデルを作成します。
担当講師:金田明大
事前準備:・Windows 64bit OS, メモリ4GB以上、CPU Corei5以上(Mac/PC可※但し、講師はMacを使用しないので、コンピューターの基本操作などはお応えできない場合があります。)
     ・デジタルカメラ(絞り(F値)調節可能なものが望ましいです。)
      >SDカードなどデジタルカメラの記録媒体(撮影に必要。)
      >カメラバッテリー(充電済み。)
     ・ホイール付きのマウス(PCの操作に推奨)

参加要件:PCの基本的な知識があり、操作ができる方。

※Agisoft Photoscanは有償ですが、お持ちでない方は下記のURLから体験版をインストールして利用することができます。
すでにStandard EditionまたはProfessional Editionをお持ちの方はそちらをご利用ください。
ハンズオン前にインストール済であることが望ましいです。できない場合、難しい場合はご連絡ください。
・Agisoft社 Photoscanウェブサイト(http://www.agisoft.com/)


ハンズオンNo.2
日時:11月23日(金)13:30-16:00(途中30分の休憩をはさむ)
チケット代:1,000円(資料代込み)
タイトル:SfM/MVSを用いた文化財の三次元計測(中級編)
内容:遺構の三次元モデルに平面直角座標系の位置情報を加え、オルソ画像を作成し、平面図の下図としても利用できる図をつくります。
担当講師:山口欧志
事前準備:・CloudCompare2.10 betaとQGIS 3.4.1の動作確認を終えているPC(Mac/Linuxでも可)を持ち込みください。
     ・ホイール付きのマウス(PCの操作に推奨)
参加要件:PCの基本的な知識があり、操作ができる方。
推奨PC:Windows 64bit OS, メモリ4GB以上、CPU Corei5以上

※1.CloudCompareはオープンソースのソフトウェアプログラムです。
 プログラムはこちら(https://www.danielgm.net/cc/)からダウンロードしてください。
※2.QGISはオープンソースのソフトウェアプログラムです。
 プログラムはこちら(https://www.qgis.org/ja/site/index.html)からダウンロードしてください。

ハンズオンNo.3
日時:11月24日(土)9:30-10:30
チケット代:800円(資料代込み)
タイトル:遺物モデルのスケーリングとマージ
内容:PhotoScan Professional Editionの機能であるマーカーやターゲットを使用して、生成した遺物の三次元モデルに距離情報を与えます。また、複数のチャンクに分けて生成した三次元モデルの位置合わせをし、合成することで、遺物全体の三次元モデルの作成をおこないます。
担当講師:中村亜希子
事前準備:・Agisoft Photoscan Professional Editionのインストール
      (ソフトをお持ちでない方はhttp://www.agisoft.com/downloads/installer/で体験版をインストールして使用することが可能です。この場合、データの保存・書き出しはできません。)
     ・ホイール付きのマウス(PCの操作に推奨)
参加要件:Agisoft PhotoScanの基本的な知識があり、単一チャンク内での三次元モデルの
作成が一通りできる方
推奨PC:Windows 64bit OS, メモリ16GB以上、CPU Corei7以上のPC
(最低でもメモリ4GB以上、CPU Corei5以上であることが望ましいです)

※Photoscan Proによる解析を中心におこないます。

ハンズオンNo.4
日時:11月24日(土)9:30-10:30
チケット代:800円(資料代込み)
タイトル:SfMのための遺構写真
内容:遺構の計測を主眼とした写真撮影について紹介します。
担当講師:三井猛
事前準備:・デジタルカメラ(Wi-Fiによる遠隔操作ができるものが望ましいです。)
      ・スマートフォン(遠隔操作用に使います。)
      ・SDカードなどデジタルカメラの記録媒体(撮影に必要。)
      ・バッテリー(充電済み。)
      ・Photoscan 1.4.4(Pro版またはStandard版)の動作確認を終えているPC(Mac/Linuxでも可)を持ち込みください。
      ・ホイール付きのマウス(PCの操作に推奨)
参加要件:PC及びデジタルカメラの基本的な知識があり、操作ができる方。
推奨:・コンパクトデジタルカメラ (イメージセンサ1型以上のカメラが望ましいです。)
   ・PC:Windows 64bit OS, メモリ4GB以上、CPU Corei5以上
※低空空撮用のポール等をお持ちの方はご持参下さい。

ハンズオンNo.5
日時:11月24日(土)10:45-11:45
チケット代:800円(資料代込み)
タイトル:3D データから考古資料の形態情報を取り出す
内容:CloudCompareを利用し、遺物(土器・ 石器を予定)の三次元モデルから、輪郭、 断面などの形態情報を取得します
担当講師:野口淳
事前準備:・CloudCompare2.9. 1以降の動作確認を終えているPC(Mac/Linuxでも可) を持ち込みください。
     ・事前配布する操作マニュアルに目を通しておいてください
参加要件:PCの基本的な知識があり、操作ができる方。
推奨PC:CloudCompare2.9. 1以降は各OSとも64bitのみ対応しています。
※1. CloudCompareはオープンソースのソフトウェアプログ ラムです。
 プログラムはこちら(https://www. danielgm.net/cc/) からダウンロードしてください。
※2.使用するデータは当日配布します。 各自の持ち込みデータの使用もOKです

ハンズオンNo.6
ハンズオンNo.006
日時:11月24日(土)10:45-11:45
チケット代:800円(資料代込み)
タイトル:SketchFabによるデータの公開とAR/VRの実践
内容:PhotosanからSketchfabへのアップロード、Sketchfabでの各種設定AR/VR設定を体験します。VRでは実際に現地に居るかのような体験をします。また、AR機能を使って擬似空間に文化財を出現させます。
担当講師:永見秀徳
事前準備:・Photoscan 1.4.4(Pro版またはStandard版、評価版でも可)の動作確認を終えているPC(Windows/Mac/Linux)を持ち込みください。
     ・Sketchfabアカウント(無料アカウントで問題ありません)を取得しておいてください。
     ・ホイール付きのマウス(PCの操作に推奨)
※Agisoft Photoscanは有償ですが、お持ちでない方は下記のURLから評価版をインストールして利用することができます。
すでにStandard EditionまたはProfessional Editionをお持ちの方はそちらをご利用ください。
・Agisoft社 Photoscanウェブサイト(http://www.agisoft.com/)
・Sketchfab ウェブサイト(https://sketchfab.com/)
参加要件:PCの基本的な知識があり、操作ができる方。
推奨PC:メモリ4GB以上、CPU Corei5以上、Wi-Fi接続可能なもの

※1.特記事項 できるだけiOSデバイス(iPhoneもしくはiPod touch、iPadを除く)またはAndroidのスマートフォンをご持参ください。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

■参加申し込みの方法は?

※研究会の円滑な進行を図るため、事前申込み制のみとさせていただきます。事前申込みは,このウェブサイトの右側にある"チケットを申し込む"から手続きを行うことが出来ます。参加に必要な各種チケットをお申込みください。また会場環境の都合上、ハンズオンは定員を各回20名に制限させていただきます。申し訳ありません。

■参加費等

・研究会参加費(資料代込み):1000円 定員150名

・研究会資料代(お土産用):500円

・ハンズオン参加費(資料代込み):ハンズオンNo.1および2は各1000円(事前支払いのみ) 定員25名/回 

                 ハンズオンNo.3~6 各800円(事前支払いのみ)    定員20名/回

・情報交換会: 3,500円(当日受付の場合は4000円)持ち込み歓迎! 定員150名    

■チケット購入に関する注意事項
研究会の円滑な運営を図るため、参加者の確認やご連絡および事前申し込み制を利用できるイベント運営サービスPeatixを利用いたします。ご理解ください。

チケット決済後のキャンセルは原則受け付けておりません。
(キャンセルされたい方はこちらをご参照ください。 Peatix Help | チケットをキャンセルしたい
研究会参加申し込みは、Peatixでの事前申込み制です。当日も残席がある場合、参加可能ですが、なるべく事前の申し込みをお願いいたします。
ハンズオンはPeatixでの事前申込み制のみです。それ以外の対応は致しかねますのでご了承ください(ご購入の際にはPeatixへの登録またはログインが必要です)。

領収書の発行については、事前申込みの場合はPeatixへの支払いになりますので、以下Peatixでの取扱いをご参照ください。
Peatix Help | 領収書発行について
請求書の発行については対応できませんのでご了承ください。

<お問合せ先>
文化財方法論研究会 第3回文化財方法論研究会運営事務局
tuboken3(at)buntubo.net (※(at)を@に変えてください。)               


<主催>

文化財方法論研究会

<後援>
独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#389052 2018-11-19 12:21:36
More updates
Nov 23 - Nov 25, 2018
[ Fri ] - [ Sun ]
1:00 PM - 2:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
独立行政法人国立文化財機構 奈良文化財研究所
Tickets
研究会参加費(資料代込み) SOLD OUT ¥1,000
研究会資料代(お土産用) SOLD OUT ¥500
ハンズオンNo.1「文化財の三次元計測(初級編)」参加費(資料代込み) SOLD OUT ¥1,000
ハンズオンNo.2「文化財の三次元計測(中級編)」参加費(資料代込み) SOLD OUT ¥1,000
ハンズオンNo.3「遺物モデルのスケーリングとマージ」参加費(資料代込み) SOLD OUT ¥800
ハンズオンNo.4「SfMのための遺構写真」参加費(資料代込み) SOLD OUT ¥800
ハンズオンNo.5「3D データから考古資料の形態情報を取り出す」参加費(資料代込み) SOLD OUT ¥800
ハンズオンNo.6「SketchFabによるデータの公開とAR/VRの実践」参加費(資料代込み) SOLD OUT ¥800
情報交換会 参加費 SOLD OUT ¥3,500
Venue Address
奈良県奈良市二条町2-9-1 Japan
Organizer
文化財方法論研究会
95 Followers